2013年09月15日

ギター、生音で弾けますか?

来週のライブに向けて、今日もスタジオで練習。リハではなくて練習!です。
やっと出口が見えてきた…感じです。抑えること、ゆっくり安定させることでノリが出てくる演奏が出来て、気持ち良い感じの演奏が出来てきたような雰囲気。もう少しですね。

今回は2つのバンドを掛け持ちなのと、曲が増えたことでギターの音が今一つ決まらず、エフェクター等悩んでいる状態で。
2つのバンド、やってる曲が全然違うのでわざと別な音づくりしてるんですが、色々な状態での音の切り替えがイメージ通りにいかないですね。レスポールとストラトの個性を生かしながら音を作っているつもりなのですが。
ToneLab STを中心に据えてるのだけど、ほかにもODを繋げて補ってます。以前と違うエフェクターシステムなので戸惑いもあり。アンシミュとして使っていますがプリアンプ的にとらえて使って、まだ使いこなせていない所も。それでももう元には戻せないですね、音が良いです。アンプ直の感覚に近い歪やレスポンスなどがあります。それだけにゴマカシが効かないんですが。

最近、周りのギター方の音作りを見る機会が増えたのですが、結構ディストーションなどの歪にコーラスかけて…って音作りしてる方多いですね。。
かくいう私もそういう音作りしていたのですが…10年程前までは。なのでその作り方の気持ち良さも解るんです。だけどギター本来の音に目覚めてから止めました。そうして歪エフェクターも10個くらい作ったでしょうか。「歪まないオーバードライブ」のコンセプトで作ったり。コンプレッサーもほとんど使ってませんし。

やはりダイナミクスが落ちるんですよね…パキン!と弾いた時の強く弾いたら強い感じ、弱く弾いたら弱く弾いた感じの。ギターのボリュームでの音の変化も生かせませんし。その代わりアラははっきり出るし、あまり長いサスティンも望めなくなるんですが、慣れました。
家でアンプ使って弾く時はエフェクター使わずにアンプ直です。本当はこれが一番良い感じの音になるんですが、簡単に音色を切り替え出来ないのでToneLab STに換えてみたのでした。

今は生音の素直な音や、生音のニュアンスを残して歪み始めるあたりの音が一番おいしいギターの音だと思っていますが。
その気になれば生音でも弾けますが、より曲に似合ったイメージした音に近づけるためにエフェクター使っているだけですね。
ただ、そうなるまでに30年程かかりましたが。
posted by 御隠居 at 23:21| Comment(4) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

Aria AN-100 ピックアップ交換

タイトル通り、ピックアップを交換してみました。
ついでにエスカッション、スイッチノブもクリーム色の物に変更も。ヤフオクで600円ほどでした。
更に内部の配線とコンデンサも変えてみましたが。コンデンサはもともと0.1uFのものがついていて…一般的な0.022uFにしてみたら失敗のような感じですが。。ちょっと要研究課題です。

こんな感じになりました。
blog用1.jpg

なんだか、いつも赤のギターはこのカラーリングが好きで変更したりするんですが…思ったイメージと違うなぁ。黒パーツよりダウングレードしたような気になる仕上がり。まぁ好きだからいいんですが。

音は前回のMaisonのピックアップに変えたら、、思った以上にハマりました。
アコースティック感が増してふっくらしたので、もろにセミアコ!こんなギターからこの音が出るとはね〜。
ジャズっぽいのが良さそうなので、そんなバッキングを適当に作って弾いてみましたが。夜中にコソコソとやったのでイマイチ思い切りにかけるギターですが。
あ、ジャズギタリストでは無いので雰囲気ジャズですよ。適当です。
posted by 御隠居 at 12:11| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

正体

安ギター好きな方以外、まったく関係の無い話ですが。

赤のアリアAN100をもっと使おうかとも思うのだけど、イマイチ自分の色に染まっていないのでどうしてもレスポールを使ってしまいます。
ちょっと外観イメージを変えようと、Maisonレスポに付いていたピックアップがカバー付なのでこれに交換を考えてます。

さて、そのMaison(フォトジェニックと同じ)レスポールに付いていたピックアップはどの程度の物で、どんな素性なのか知りたくなりまして。
前にノーマル状態で録音したものも、Toneriderほどクリアで煌びやかでは無いけど嫌いな音ではなく、結構地味な良い音してたので。
こんなやつですが。
maisonPU.jpg

底面に付いているラベルの「LPC210-CR」でググってみたところ、色々と解ってきました。
どうやらこれ、韓国のARTEC(アーテック)製のようです。割とその筋では有名なメーカーらしい。
最近はアコギのピエゾや後付ピックアップで知られ、エフェクターやアンプも出してますね。
そしてついにそのものズバリのページも発見しました。マグネットはセラミックのようです。
最近ヤフオクではこれのアルニコのやつが6000円ほどで出ていますね。

ARTECってduncan designedやKent Armstrongの廉価品をOEM製造しているメーカーらしいことも判ってきました。ギブソンのピックアップのコピー商品も製造しているようなので、セラミックだと500Tあたりに相当するかも?
ARTEC、現在はキクタニミュージックで扱ってるようですが、以前はアリアで扱っていることも。そう考えるとアリアのギターも、もしかしたら…ってことも考えられます。

更に海外のサイトではこのピックアップがIbanezのAG75に装着されていたと…とするとIbanezのACH1・2と同じものとも考えられますが。
そう思って聴くと、ちょっとアコースティックな響きとソフトでふくよかな音はかけ離れてはいない気がします。

総合的に素性を見てみると、そう酷くは無いように思われます。
最初からギターに付いていたピックアップとしては妥当なクオリティではないかと。むしろ、メイソン・フォトジェニックに付いてるとしては意外なほどちゃんとしてるようにも思えてきました。1万そこそこのギターに2個で5000円くらいで売られているピックアップが付いてるんですから。

で、これをアリアに付けてみることにしました。配線材とコンデンサを変えればもうちょっとクリアでストレートな音になると目論んでいますが。
まぁルックスが変わるのが主目的ですけど〜。(笑)

以前アップした、このピックアップの音をここで聴けるようにしておきます。(音外してるトコロはご愛嬌…)

  ほぼ生音のピックアップの音

  歪ませたピックアップの音
posted by 御隠居 at 22:59| Comment(2) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。