2011年05月24日

知らなかった‥‥

いやぁ、ニール・ラーセンいいなぁ‥と聴きながらネット見ていたんですよ。

そしたら変なバンド見つけてしまって。。「キノコホテル」。。


彼女達って一般には知られているんでしょうか‥? 私は知りませんでした〜。

何やらプレイヤーの2010年度人気バンドの3位だそうで‥

ハルヲフォンで目覚めてしまった‥というような記述も。今のジャンルではパンクになるのかなぁ?昭和オールドウェーブというか。戸川純と一緒にやったとかあるのでそんな音楽ですが。

思わずYouTubeで何曲か聴いてしまいました。


う〜、いつも聴こうとは思わないけど好きかもしれない。。

曲が同じような感じだし、性格的に進化発展する音でないかもしれないけど、今どきの売れ筋と違った個性を認めざるを得ません。

たまにこうした“真面目におバカ”なバンドが出てくるから油断できません。

posted by 御隠居 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

Tommy Bolin

そう、最近トミー・ボーリンを聴きなおしていますが。

‥ディープパープルのファンには「ヤク中で手が動かなくなってスライドで誤魔化しバンドを解散に追い込んだへタレギタリスト」(汗)と思われていますが、私は好きなギタリストの一人です。

ギター始めたときにリアルタイムで聴いていましたが、リフがファンキーでカッコいいですよ。


昨日、ナラダ・マイケル・ウォルデンの「Delightful」が好きだと書きましたが、この頃ナラダはトミー・ボーリン・バンドのドラムを叩いていた縁でこの曲をトミー・ボーリンがやってました。


当時の音ですが、クールで良い曲だなぁと。


そのファンキーな素性の上にギターの音色がまた何ともいえません。

Hiwatのアンプにファズとエコープレックスをブースターの様に使っていたようで、ストラトのカリっとした音が魅力的。この辺はチャーの使い方に似てますね・・工藤さん。

30年以上昔に亡くなっているので、ストラトは当然今にしたらオールドなんでしょうが、ラージヘッドの音っぽいような気がします。。?


なんか私の7900円のヤマハのストラトで出そうな音です。(爆)


もっとトミー・ボーリン評価されても良いと思いますが。。

最後が尻すぼみでしたからねぇ。残念。

posted by 御隠居 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

古い曲 Narada Michael Walden - Jeff beck

だんだんと暖かくなってきました。
寒いとストーブの側のネットブックばかり使っていたのですが、ぼちぼちパソコンいぢってます。

Ubuntuも新しくなったしなぁ・・とインストールしてみたら自滅・・今のバージョンはグラフィック的に対応出来ませんでした。
あぁもうLinuxでも対応しない古い機械になったのだなぁと実感。

インストの為にパーティションをいぢっていたら、MBRとFAT壊したらしく起動不能に。しかも1つのパーティションはファイルが読み込めなく崩壊状態。。まぁこういうことは良くあることです。(あるかぁ〜?普通は・・汗)

あわてず騒がず、まずはxpのシステムディスクから起動してfixbootとfixmbr。
さらにWin98の起動ディスクを出します。これにMBMが入れてあったはずと。これでパーティションを修正。
それでも10ギガのデータがふっとんだのは致し方あるまい・・・・

音楽は別のHDに取ってあったので、フォーマット後にまた入れておきましたが。
それで必要な曲といらない曲とか仕分けしてたら、あら良い曲が。

Garden_of_love_light

Narada Michael Walden の「Garden Of Love Light」です。
3曲目の「Delightful」が好きなんですがね、このアルバムのハイライトは「Saint And The Rascal」でしょう。
ギターがジェフ先生です。あの頃はこういう音が得意でしたね〜、ワイアードの延長線そのものです。
この曲、Youtubeで探したけど無いので、、あまり簡単に入手できなそうなアルバムのようで。。

posted by 御隠居 at 18:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。