2013年07月04日

正体

安ギター好きな方以外、まったく関係の無い話ですが。

赤のアリアAN100をもっと使おうかとも思うのだけど、イマイチ自分の色に染まっていないのでどうしてもレスポールを使ってしまいます。
ちょっと外観イメージを変えようと、Maisonレスポに付いていたピックアップがカバー付なのでこれに交換を考えてます。

さて、そのMaison(フォトジェニックと同じ)レスポールに付いていたピックアップはどの程度の物で、どんな素性なのか知りたくなりまして。
前にノーマル状態で録音したものも、Toneriderほどクリアで煌びやかでは無いけど嫌いな音ではなく、結構地味な良い音してたので。
こんなやつですが。
maisonPU.jpg

底面に付いているラベルの「LPC210-CR」でググってみたところ、色々と解ってきました。
どうやらこれ、韓国のARTEC(アーテック)製のようです。割とその筋では有名なメーカーらしい。
最近はアコギのピエゾや後付ピックアップで知られ、エフェクターやアンプも出してますね。
そしてついにそのものズバリのページも発見しました。マグネットはセラミックのようです。
最近ヤフオクではこれのアルニコのやつが6000円ほどで出ていますね。

ARTECってduncan designedやKent Armstrongの廉価品をOEM製造しているメーカーらしいことも判ってきました。ギブソンのピックアップのコピー商品も製造しているようなので、セラミックだと500Tあたりに相当するかも?
ARTEC、現在はキクタニミュージックで扱ってるようですが、以前はアリアで扱っていることも。そう考えるとアリアのギターも、もしかしたら…ってことも考えられます。

更に海外のサイトではこのピックアップがIbanezのAG75に装着されていたと…とするとIbanezのACH1・2と同じものとも考えられますが。
そう思って聴くと、ちょっとアコースティックな響きとソフトでふくよかな音はかけ離れてはいない気がします。

総合的に素性を見てみると、そう酷くは無いように思われます。
最初からギターに付いていたピックアップとしては妥当なクオリティではないかと。むしろ、メイソン・フォトジェニックに付いてるとしては意外なほどちゃんとしてるようにも思えてきました。1万そこそこのギターに2個で5000円くらいで売られているピックアップが付いてるんですから。

で、これをアリアに付けてみることにしました。配線材とコンデンサを変えればもうちょっとクリアでストレートな音になると目論んでいますが。
まぁルックスが変わるのが主目的ですけど〜。(笑)

以前アップした、このピックアップの音をここで聴けるようにしておきます。(音外してるトコロはご愛嬌…)

  ほぼ生音のピックアップの音

  歪ませたピックアップの音
posted by 御隠居 at 22:59| Comment(2) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもです。ARTECがダンカンデザインのOEMやっているなんて、知りませんでした。シングルのセット持っていますので。
私も以前から興味があったメーカーで・・・周りの評価はかなり高いみたいです。
特にツインブレードのシングルハムなのですが・・・ディマジオやダンカンがシングルハムに採用しているマグネットって、殆どがセラミックなのに対して、ARTECはアルニコ5を使っているみたいで。動画サイトにもレビューがあるのですが・・・なかなか良い音させています。あのタイプのPUにありがちな不自然な鼻づまり音?もあ有りませんし?・・・それを見た上で、シングルハム・・・真剣に購入検討しています。

では。
Posted by iron at 2013年07月06日 03:03
ironさん、どうもです。
こういう情報は断片的にネットで検索できるのですが、総合的な真実を書かれている方がいないのと、確実な裏がとれている訳ではないので噂レベルですが興味深いです。
PUそのものはたいした原価でなさそうですし、ほとんどが開発費のような気がします。
ダンカン・ディマジオ等とは別の隠れたメーカーのものにも良いものがありそうで、宝探しのようですね。

結果、出る音が勝負なので先入観無く色々なものを探す為に、自分の出したい音・良い音を聞く耳を持つことが大事になりますが。
こうしてギター道にハマるわけですな。(笑)
Posted by kana at 2013年07月06日 17:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。