2013年07月02日

久々の電気工作

先日の日曜日、バンドの練習でした。
やはり兄がドラム叩きながら歌うのにマイクが難しい。
スタンドでセットするにはスペースが狭く、今一つ厳しいので…以前からの理想はヘッドセットマイク。
どうせそこそこのを買ってもやはりイマイチでしょう。1〜2万くらいは出さないとまともなのはちょっと。

中途半端ならば、いっそ余っていたパソコンのヘッドセットマイクが使えないかと。
問題は、こういうのはコンデンサマイクなので電源がいる。パソコン用のやICレコーダー等に使う小さいのは機器から電源をもらって駆動するようになっているんです。プラグインパワー対応…とか書いてありますが。ちゃんとパソコンのマイク端子には電圧がかかってます。

一方、スタジオ等の音声ミキサーではそういうの対応してません。48Vファンタム電源はあるでしょうが。
そういうミキサーにパソコンのヘッドセットマイクを繋げるように、いっそのこと電源供給BOXを作ってしまおうと。

世の中には同じことを考える人がいる筈…とネットで調べたらやはりありました。
分かると単純・簡単な回路なので、電気パーツ屋に行って部品を買ってきましてシコシコ製作。。
ちょっと余分に部品を買っておいたので、1000円弱かかってしまいましたが。それはまた後日。

完成形はこんなになりまして。
blog.jpg

ほんとはスイッチもLEDも付けないつもりだったのだけど、LEDが10円だったのでついつい付けてしまいました。
結果は良好、普通に繋いだミキサーからマイクの音が出ました。
次回のスタジオで試してみますが。


こんな、ちょっと力が入ってきたのは訳がありまして…
やっとバンドでもう一人ギターの方が加入してくれました。
いや〜いいですぅ〜楽になりまふねぇ。。歌いながらヘロヘロになったギターは困ったものでしたから。
音に厚みがついてやっとバンドらしくなりました。
皆で9月頃にはライブやりたいねぇ〜と話しております。
posted by 御隠居 at 22:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヘッドセットマイク対応のスイッチボックスとは?・・・驚きました。しかもプラ容器使用ですか?・・・これなら電池交換も容易ですし、凄く良いアイデアですね!

ギター弾きながらのボーカルって、本当にしんどいですよね?・・・以前のバンドでは私も、歌いながらギター弾いていましたので。ただ歌っているときは、簡単なリズム刻んでいるか?ギターぶら下げた状態で、何も弾かなかったりと・・・その代わりソロは、全部私が弾いていて・・・おいしい所は持っていくって?もう一人のギターに嫌味言われたりして?・・・しかし、ボーカル&ギターをきっちりこなせる人は、尊敬しますね。

またお邪魔しますね。では。
Posted by iron at 2013年07月04日 09:26
ironさん、コメントありがとうございます。
その後、腰はどうでしょうか?

このボックス、製作費を安くする為の策でして…(汗)
100円ショップで2個100円のを買いました。
ついでに穴あけがとっても楽。(爆)

歌う人がいないので仕方なく歌っているんですが、最近やっと恥ずかしくなくなりました。
ロベン・フォードのように歌もギターも出来るギタリストにはなりたいのですが、夢ですね。。

ではまた、気が向いたら気軽に書き込みして下さいね。
Posted by かな at 2013年07月04日 23:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。