2011年12月17日

クレロの法則

ここのところ色々ありすぎてストレスいっぱいなのである。 試験に修了、母の入院、さらにはこの2日間で雪が45センチも降ってしまった。寒い。 1日に3回も雪かきをすれば、うんざり‥なのであった。

ストレス発散‥となるとこれまた色々。 御隠居的「ストレス発散の方程式」とは?  ストレス発散=(エロの2乗+物欲)×睡眠÷食欲  そう、欲望に走るのだ。心が「してほしい、してして、くれ〜」と叫ぶ。それを満たすとちょっと楽になる気がする。 だからこれを「クレロの法則」と呼ぶ。  ‥まぁ能書きはこのへんに、何を買った(笑)かといえばこれです。ささやかな物欲に走りました。 Hmmodel10   H&MのMODEL10という小さなアンプ。85年に出された古いものですが、3500円でした。 このくらいの金額なら痛くないもので。。  これメーカー名が無かったのでどこで作ってるやら‥と裏を見たら「東京サウンド」とある。まぁグヤトーンです。ネットで調べていたら意外と由緒正しいもののようだけど知らなかった〜。 故・成毛滋氏の発案で作られたModel30の廉価バージョンのようですね。 読んでみたら、真空管アンプでないとピッキングが上手くならないとか‥考えたことも無かったなぁ。いつもトランジスタばっか。若い頃スタジオではよくツインリバーブ弾いてましたが。  なるほど、音はマーシャル系で歪みます。H&Mはハード&メタルらしい。 プリチューブでメインはトランジスタだけど、真空管臭さちゃんとありますね。 ギタリストが作らせたアンプだけあって、トーンが良い感じで利きますよ。なかなかおいしい帯域に利き所があります。トレブルブーストするとホント、マーシャルっぽいキャラキャラさが出ます。スピーカー小さいし低域がそんなに出ないのでドンシャリっぽくはならないですが、中高域中心にけっこうそれっぽく鳴ります。  ゲインつまみは引っ張らないとONしないので、Offだと2ボリュームに。 ONにすれば音がでかくなります。ゲインというよりブースト。しかもいつも歪んでいるから、クリッピングダイオード入っているんでしょうね。アンプだけにしては良い感じの歪み。 ストラトだとザクザク、ハムバッキングだとギャンギャンと80年代っぽい歪みかなぁ。 ゲインOffで使うとなかなか上質なクリーンで作りの良さがあるようです。  やー、サブであるPeaveyのRAGE158より全然良いアンプだなぁ。 抜けが良くて音に芯があるので、弾いていて気持ちよい。 ストレス発散のおもちゃだったんだけどね〜。 
posted by 御隠居 at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うほほ。よさそうなアンプですねー。

我が家も入院騒ぎがありまして、ちょっと落ち込んだり
してますので、私も「クレロの法則」を適用してしまおうかしら。
うーん、何がいいでしょ。
Posted by jj蛙 at 2011年12月21日 21:21
jj蛙さん、どうもです。
レス遅くなりましてすみません。
アンプの音でも録ってみようと思ったら、年末の忙しさにやられてしまいました。
昼間、ちょっと鳴らしてみたら、なかなかキュートな音がしますよ。自分のセットではマーシャル系のアンプの方が合う気がしています。
今度遊んで音をアップしてみます。
Posted by 御隠居 at 2011年12月29日 23:30
こうしたアンプは滅多にみる事はないです。
凄く高そうに見えますが、このお値段には驚きます。

とにかく、ギター解体したり、、、(汗;)。それでも音楽
は普通のCD聞いてるようなふうに聞こえる。
ギブソンの音気にいったな。
Posted by 海上不安部 at 2012年01月01日 17:07
海上不安部さま。凄いネーミングだ。。
実物はけっこう小さいアンプであります。
ちゃんと高いモノはお金さえ出せば買えますから。。
こういう古いものは出会い勝負ですね。
Posted by 御隠居 at 2012年01月02日 15:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。