2011年08月09日

Ray of Hope

Dscf0100

本当に出たんですね、達郎さんの新譜。。いやぁ感慨深いです。

10日発売ですが、さっそく今日買ってきました。

帰りに蔦屋さん寄ったら、まだ出してなくて見本が並んでて。N本店に行ったらありました。

発売日を待ってCD買うなんて久しぶり。


もちろんお目当ては「Joy 1.5」です。オマケなんですけどね・・7曲も入って。

本人のラジオ等で小出しにしてましたからねぇ、元はあったわけです。

それでもこれは是非持ってないといかん。特筆すべきはその音質です。凄い。

低音の存在感、アタック、中域の張り出し…スタジオ録音とは別の意味で越えてます。生音を知ってる人としてはこの音の方が落ち着くんじゃないでしょうか?

ウチのDiatoneがJBLになったような鳴り方にビックリ。。


本編のRay of Hopeは、ほとんどタイアップで出ていたものですから…ベストアルバムみたいなもんです。。


とりあえず、ダメもとでシアターイベントに申し込むのがファンというものでしょうね。

posted by 御隠居 at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついに出たようですね。
今月号のサンレコに達郎氏のインタビューとスタジオの様子がたっぷり載ってましたよ。達郎氏もプロツールズを使うようになったみたいですね。
Posted by yutaka at 2011年08月15日 22:43
あらyutakaさん、良い情報ありがとうございます。
サンレコ15年ぶりくらいに買わねば。笑
何を使っても機材を感じさせないのは凄いです。でもジャケットには達郎氏の機材オンパレードですが。。
Posted by 御隠居 at 2011年08月16日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。