2011年08月07日

ペグ修理

最近購入のMaisonレスポールの続きです。

ペグが壊れていたので、交換のペグをオークションで物色し最安の店にて購入しました。

すぐ送ってくれて対応も良かったです。ねぶた見たりしてる間に到着。

キクタニミュージックのGM-WC2という廉価なものですが。

Dscf0087

キクタニ…といえば、SXやK-Garageとか廉価ギターも扱ってて、「そういうのと同等だと、壊れた元のみたいなものかも?」と心配も。。

来てみて安心。思ったよりちゃんとしてました。壊れたペグはクロームメッキに、回す軸も短めでペグ頭のプラスチックも割れやすい酷いものでしたが、購入したペグはニッケルメッキ、回す軸が5mmほど長くてペグ頭の中心までちゃんとあります。

写真中がキクタニ、両側がMaison純正のペグ。回す軸が短いので割れやすいものとおもいます。。

Dscf0090

このキクタニのペグにしたのはワケがありまして。普通ペグを換えるとなるとゴトーのペグに換えるじゃないですか。まぁあと1000円くらい出せば買えるわけで。しかし、サイズを調べてみると弦を巻く方の軸がゴトーは短いようで、弦を張る時に難が出る。Willkinsonも似たようなもの。結局、元のに一番近い長さのキクタニを選んだ・・というワケ。

まぁこのギターに高いのつけてもしょうがないので、結果は良かったです。さすが単品のペグ、ちゃんとしてますよ。

ちなみに、お店でK-Garageのレスポ見てみたらMaisonと同じような悪ペグ・・このキクタニのペグとは違ってました。ここケチっても仕方ないでしょ〜?困ったもんだ。

ちなみにブリッジ・テールピースはこんな感じ。まぁまぁですか。

Dscf0089

ペグ交換は簡単ですよ。渋くならないように気をつけてネジで付けるだけ。

弦を10-46の太めに張り替えて、出来上がり。

Dscf0098

●ついでにお約束の「バラシ」ですが。

フロントPUの部分はこんな感じ。

Dscf0092

このPUはフォトジェニと同じでしょう。覚えておくと良いです。(笑)

ザグりの精度はイマイチ。「ディープジョイントってなに?」みたいな潔いザグり。

リア部分は・・

Dscf0095

まぁこんなもんでしょう。もっと酷いかと思いましたが。何となく、穴も「最近のギブソンレスポール」をちゃんとコピーしてるようです。

コントロール部は・・

Dscf0096

・・・まぁ!木の削りがきたないこと。ポットの部分、写真では赤っぽい木肌ですが、本当はもっと白っぽい木です。バスウッドか何か?

全体に安っぽいですが、ちゃんとギブソンをコピーしてる様子がわかる。。あ、回路配線の感じは違うけど、木工加工は。なんだか悪い部分もしっかりコピーしてる。穴が大きくてスカスカなんですよね。テールピース付近の“隠し穴”まであったりして…レントゲンで撮らないとわかりませんが。

そのせいか、生音の感じがわりとギブソンに似てるんですよ…「ちょっと安っぽいけど良く鳴る」感じが。こんなこと書くと顰蹙買いそうですが。

塗装がポリなので、ギブソンより木の響きが抑えられてる感じだけど、鳴りの傾向性は似てます。低音の響きが弱いくらい。

配線材やPU交換すると、化けるかもしれません。

posted by 御隠居 at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
をー 始まりましたね。
音もなかなかのようで、昔のこういうタイプのギターと
は違ってますねぇ。しかも値段は昔のものの方が高かっ
たような・・・
PU交換なんかもいっちゃってください。
いやはや一昨日あれから39度まで熱が上がっちゃいまして
救急病院のお世話になってしまいました。
で、今日も仕事休んで病院いってきました。まだ頭痛い
ですわ。んでは寝ます。
Posted by jj蛙 at 2011年08月09日 13:33
あらま〜!お大事にどうぞ。。
お互いに無理のきかなくなった歳なので、悲しいものです。。
フォトジェニと馬鹿にしても、初期のフレッシャーより良いですよ。笑
なんたってPUがちゃんとダブルコイルです。爆
PU交換はどうしようか考え中なんです…。
早く体調をもどして元気にギター弾いて下さいね。
Posted by 御隠居 at 2011年08月09日 21:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。