2010年05月12日

Rear PU 交換

レスポール改造計画その2です。

前回はパーツの交換で保留してました。

ちなみにパーツはサウンドハウスで購入。対応良好ですね〜すぐに来ました。


今度は肝心の音関係のバージョンアップ狙いですが。

ギブソンのピックアップ、ギターらしい音はしますね。弦とボディの鳴りがミックスしたような?音に感じますが、音の角が取れているというか音が引っ込んでちょっと奥から聞こえるような音。

良く言うと柔らかくて上品、悪く言うと大人しくて眠い。でもこれを好む人もあるのは解ります。“基本的”という意味では良く出来てます。

ただ、私の好みは明るめで割と輪郭のクッキリした音が好き。前に出てくるヌケの良い音。

それでいてパワーで押すような下品なのはダメで・・結局リーズナブルなダンカンになってしまうワケです。。


前のアリアにはSH-2(Jazz)とSH-4(JB)を付けていたのですが、今度もJBか違うものとしたらSH-5カスタムあたりが無難かと。JBの鼻つまみかカスタムのワイドで無難なのか。

フロントはギブソンのが結構好みな音しているのでそのままでいいや〜と。

最初はカスタムを落札したんですよ。それで・・送られて来たのが何故かクレイマーから外したの・・間違えて送られてきました。(泣)・・それ差し上げますから送り直しますっ!と改めて送ってくれました。。これは得したんだろーか?ん〜〜?

それに手持ちのカバー付けようかと思ったんですが、サイズが合わず。しかも前オーナーがギターに直付けしたらしく、ねじ穴が広げられているし・・

めんどくさくなったのでタイミング良く?JBのカバー付きが出品されていたので落札。

カバー付いていると嫌がるんでしょうねぇ、5000円と比較的安く買えました。私はカバー付がいいので。カバーだって1000円以上するのでお得でした。

R_pu_change_2

付けるのはまぁ、はんだこてでペタペタ。ギブソンはアースプレートにポットがくっ付いているんですね〜。作業性を考えてだと思いますが。しかし、しょぼいコンデンサ・・

まぁ中古なのでちょっと汚れがありますが、下手に磨くと後で錆びてくるのでそのまま。

パッと見はわからないのでOK。これで今回の計画はひとまず終了ですな。


音は、あぁ、JBの音。これです。意外とフロントとミックスもイケます。

カスタムが残ったのですが・・アリアのCS400に付けるかと思って久々にCS400弾いたんですよ。。でもなんだか凄く良い感じなんですね、音も全体のバランスも。アリアのPUって意外と良いですよ。ダンカンに負けてません。あえて交換する必要ないかと。

まぁ後でフライングVにでも付けることとします。。

posted by 御隠居 at 01:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよPU変更ですねー。私は自分では」ダンカンのPUは使ったことな
いのですけど、好きな音です。

パーツは、つけてみないとわからないところがおもしろいですよね。
オークションだと、さらにどんなものがくるか分からないですしねぇ(笑)
楽しそうででいいなぁ・・・。
物置でRiverhead Products of Headwayなどというギターの残骸を
発見しましたので(笑)EMGあたりをいっちゃおうかなぁ。しかし、先立つ
ものが・・・(悲)
Posted by jj蛙 at 2010年05月12日 21:12
jj蛙さん、いつもコメントありがとうございます。
そうそう、パーツは付けてみないとわからない冒険があります。。PUは好みかどうか不安ですが‥ダンカンは基本的に好きな音なので外れの危険が少なくて。
カールトンの音が好きなら元のギブソンのPUで結構イケるのですが、ロベン・フォードの音っぽくなるのはダンカンかなぁと。
私は逆に昔のアクティブPUの付いたギターを普通のPUにしたいなぁと思っています。。
Posted by 御隠居 at 2010年05月14日 13:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。