2013年09月25日

Liveの様子…

本日、LiveのDVDをテコテコ作っていました。

画像は粗いのでまぁそこそこで良いのですが、逆にロックっぽいかなと。
音は兄がメモリプレイヤーで録音していたのが良い状態だったので、ビデオの音をそれに差し替えてみました。
相変わらずDVDの作成は時間かかるのと、面倒くさい。。

そこから2曲載せてみました。
まず自分のバンドでやった「Love The One You're With」
CSN&Yの40年くらい前の曲ですね。


こっちはサポでギター弾いた「ビールス・カプセル」


ま、こんな感じでした。そこそこの期間で消すかもしれませんが。
歳のわりに勢いだけ…です。
posted by 御隠居 at 22:35| Comment(6) | バンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

Live終了!


2013.09.22 Live.jpg

22日、無事にLiveを終了しましたー。
来てくれた方々、ありがとうございました。

写真を撮ってもらうの忘れたので、、離れて映してた映像からの画像ですが、良く見えなくてよろしいかと…。
楽しんでくれた方もいらっしゃったので、まずまずでした。

ずっと毎週練習してたので、下手なりにバンドの音にまとまってきたかと思います。
ボーカルを本格的にやったのは初めてですね…7曲ほど歌って。以前は仕方なくって感じでしたが、今は腹が据わったというか出来るだけきちんとやろう!と頑張ったつもり。コーラスのお姉さんがいたので頑張れました。

まぁ自分のバンドはギターとボーカルで頑張ろうと。
サポートで入ったバンドの方がギター弾きまくりだったので、逆に良かったのかも。自分のバンドではギター弾くのそこそこで良いかと思えたのでした。もう一人ギタリストが加入してくれたし。

リズムも現在出来る力を出せるように工夫して、練習ではダメ出し多かったのだけど頑張ってもらえました。
サポでのバンドの練習から、このバンドで出来ることを客観的に見られたので、やりたい曲にこだわるよりも自分たちの出来る曲を優先に選ぶように方針転換したのが良かったようです。最後にはLiveで演奏するのをやめた曲多数に、いきなりやることにした曲もあって。そうして本番での不安を減らしていきましたから。
あとやはり練習量ですね…いつもやってるという慣れや安心感。人数も増えたことも大きいし。

ギターサポートでのバンドは、バンド暦長い慣れた人たちでしたし、いつもライブ一緒にやって知っていたのでなんとかなった…ってのが実感。
Liveなりのハプニング色々ありましたが、結構ノリノリの面白い演奏になりましたね。
もう割り切っての爆音勝負に出ましたよ…。。Liveは最後に度胸と音が大きいほうが勝ち。笑

なんだかんだと2つのバンドに出て16曲もやったの初めてで、よくやったなぁと我ながら感心。
皆さんに感謝です。
posted by 御隠居 at 23:26| Comment(0) | バンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

ギター、生音で弾けますか?

来週のライブに向けて、今日もスタジオで練習。リハではなくて練習!です。
やっと出口が見えてきた…感じです。抑えること、ゆっくり安定させることでノリが出てくる演奏が出来て、気持ち良い感じの演奏が出来てきたような雰囲気。もう少しですね。

今回は2つのバンドを掛け持ちなのと、曲が増えたことでギターの音が今一つ決まらず、エフェクター等悩んでいる状態で。
2つのバンド、やってる曲が全然違うのでわざと別な音づくりしてるんですが、色々な状態での音の切り替えがイメージ通りにいかないですね。レスポールとストラトの個性を生かしながら音を作っているつもりなのですが。
ToneLab STを中心に据えてるのだけど、ほかにもODを繋げて補ってます。以前と違うエフェクターシステムなので戸惑いもあり。アンシミュとして使っていますがプリアンプ的にとらえて使って、まだ使いこなせていない所も。それでももう元には戻せないですね、音が良いです。アンプ直の感覚に近い歪やレスポンスなどがあります。それだけにゴマカシが効かないんですが。

最近、周りのギター方の音作りを見る機会が増えたのですが、結構ディストーションなどの歪にコーラスかけて…って音作りしてる方多いですね。。
かくいう私もそういう音作りしていたのですが…10年程前までは。なのでその作り方の気持ち良さも解るんです。だけどギター本来の音に目覚めてから止めました。そうして歪エフェクターも10個くらい作ったでしょうか。「歪まないオーバードライブ」のコンセプトで作ったり。コンプレッサーもほとんど使ってませんし。

やはりダイナミクスが落ちるんですよね…パキン!と弾いた時の強く弾いたら強い感じ、弱く弾いたら弱く弾いた感じの。ギターのボリュームでの音の変化も生かせませんし。その代わりアラははっきり出るし、あまり長いサスティンも望めなくなるんですが、慣れました。
家でアンプ使って弾く時はエフェクター使わずにアンプ直です。本当はこれが一番良い感じの音になるんですが、簡単に音色を切り替え出来ないのでToneLab STに換えてみたのでした。

今は生音の素直な音や、生音のニュアンスを残して歪み始めるあたりの音が一番おいしいギターの音だと思っていますが。
その気になれば生音でも弾けますが、より曲に似合ったイメージした音に近づけるためにエフェクター使っているだけですね。
ただ、そうなるまでに30年程かかりましたが。
posted by 御隠居 at 23:21| Comment(4) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。